2012年09月12日

世の中の政治家は、どう思っているのでしょうか??

こんなサイトを発見しました。

世の中の政治家は、どう思っているのでしょうか??

こんなところに書込みするする人が、こんなに多いとは・・

http://kanekure.ssig33.com/

http://victreal.com/tasukete/

昔は、ネットで口座番号を書いてはいけないと言われたのに・・・

確かに、私も、昔ホームレスになっているときに、自分の詩集を読んでくれた方の中で、よろしければカンバをと自分のサイトに書いたことはありますが・・・

あくまでも、後払い情報料として書いていました。

でも、これは、駄目だと思う・・・
こうして本当に振込があったら、みんなしていると思う・・・

だけど、登録があるということは、一筋の光を信じて書いているのかなぁ・・・

これは、考えさせられます。
posted by miracle☆ at 23:04| 日本のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月11日

通り一遍等なホームレス支援策は止めよう

ホームレス支援対策をするときに、雇用される生き方に進む人は、生活保護を受けることが出来るように進める一方で、就職よりも起業に向いている、または、就職先が無く起業して行くしか無いケースは、自営業者としての支援策を受けることが出来るように、公的資金融資制度を紹介するとか、緊急融資をするなどし、ケースバイケースで対応しないと失業者を減らすことは、出来ないと思う。
posted by miracle☆ at 18:52| 日本のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月09日

こんな銀行があるといいなぁ

確かインドには、貧困層を支援する銀行があると聞きました。

仕事が無い人に融資をしています。

その代わり、仕事も斡旋していてテレビで見たときは、縫製の仕事をしていたと記憶しています。

銀行がミシンを提供したり、職業訓練の場を提供していたように記憶していますが、職業訓練は、インドの自動車会社が行っていたのかもしれません。

今、ちょっと記憶が混ざっています。

日本にも、こうしたシステムの銀行があればいいのにと思います。

そうすれば、たくさんの人が救われると思う。

人間は、仕事をしてお金を得ることが本来の道だと思います。

何がしか役に立って、そのお礼として収入を得るというのが、ジョンディマティーニ博士が言っているフェアな交換の原理にも当てはまると思います。

元々昔は、お金は、感謝の気持ちを交換するための道具だったと聞いた記憶があります。

人から感謝されないのに、人の役に立たないのに、お金を頂くことは出来ません。

働くことが一番です。

貧困層の人たちに仕事を斡旋したりするときも、生活費が必要にあると思うし、仕事に通う服を買ったり色々準備も必要だと思います。

そうした資金を融資するNPO法人とか、何か制度や仕組みとして無いと、闇雲にすべてのケースを生活保護制度に押し付けることになってしまう。

病気や障害などの特別な理由で働くことが出来ない方は、社会の福祉で支えることが大切ですが、働くことが出来る人は、働くべきです。

働きたい人が働くことが出来る社会の仕組みが育つことを願っています。
posted by miracle☆ at 23:58| 日本のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする